ドーン。2021年1月5日

トレード記録

富士山より阿蘇山派。強吉です。

以前、先生から聞いた話で日本のどこかの火山が活動を始めたらドーンの株価が上がる現象があるとのことでした。
本当かどうかは定かではないですが、何かにこじつけて株価が反応するというのはあるかもしれませんね。
今日はそのドーンの急騰シグナルでエントリーして利益をあげることができました。
自分は利確があまりうまくないので、欲張らず適切なポイントでの利確ができるように日々模索していきます。

それでは本日のトレード結果です。

本日のトレード結果

トレード銘柄エントリー時間損益ポジション
保有時間
手法名
ドーン
(2303)
9:26+26,615円86分急騰銘柄傍受
システム
極東産機
(6233)
9:50-17,55535分急騰銘柄傍受
システム
サンバイオ
(4592)
10:29+18,480円47分マザーズ1%
スキャル
フジプレミアム
(4237)
11:01-38514分急騰銘柄傍受
システム
合計損益+27,155円勝率2勝2敗(50%)

まとめ

ドーンは急騰シグナルを参考にエントリー。
出来高も入っていて日足5MAに下ひげタッチからのスタートでの判断。
エントリー後は一旦押したが急騰。
1400円のラインでの利確に迷いが出てしまいその後下落したところで利確。
うまく利確出来なかったのが反省。

極東産機は日足5MAに絡んでのスタート、日足25MAもすぐ下にあり、出来高も入っていたのでエントリー。
こちらも一旦は上昇するもすぐに強く下落してしまい損切り。
損切り判断をもう少し早くすれば良かった。

サンバイオはシグナル4を参考に1分足連続陰線を確認してのエントリー。
エントリー後はなかなか下がらず揉み合っていたが程なくして下落。
VWAP付近での利確だったが後場に大きく下落していたのでもったいなかった。

フジプレミアムは何度も急騰シグナルが出ていたのでエントリー。
エントリー後は揉み合いその後一旦上昇。
利確を迷っていたら下落してしまい建値での撤退。

コメント

タイトルとURLをコピーしました