強吉と一緒に川合先生の手法を身につけませんか?

あらためまして、強吉と申します。

まずはこの成績をご覧ください。
これはある2つの株式トレード手法を1年間取り組み続けた私の成績です。

2020年収支結果収支勝敗数勝率月利
(元本150万円)
2020年1月-259,2437勝7敗50%-17%
2020年2月-439,36812勝17敗41%-19%
2020年3月-218,2288勝19敗29%-14%
2020年4月+243,871円37勝37敗50%+16%
2020年5月-499,42519勝50敗27%-33%
2020年6月-227,05617勝27敗38%-15%
2020年7月-80,0328勝28敗28%-5%
2020年8月-128,2046勝20敗23%-8%
2020年9月-61,17413勝19敗40%-4%
2020年10月-52,48035勝42敗45%-3%
2020年11月-217,14818勝18敗50%-14%
2020年12月+35,517円21勝19敗52%+2%
合計損益
(勝敗・勝率・年利)
-1,902,970201勝303敗39%-114%

ご覧いただいて分かると思いますが、2020年はコテンパンにやられてしまいました。
単月で見ると、2020年4月に+23万円ほどの利益が出ていますがこの時はコロナショックからの急騰を見せていた時期なので、正直株を買っていれば誰でも勝てた相場でした。
そのため実力で勝ち取った利益とは言えず、その後のボックス相場ではまた負け続きの結果となってしまっています。

しかし、私は2020年の年末に「あること」に気付きました。

その、あることに気付いた結果、どうなったかというと・・・

2021年収支結果収支勝敗数勝率月利
(元本150万)
2021年1月+237,741円31勝22敗58%+15%
2021年2月+447,007円27勝13敗67%+29%
2021年3月21日現在-115,33317勝7敗70%-7%
合計損益
(勝敗・勝率・年利)
+569,415円75勝42敗64%+37%

まだ成績としては2ヶ月半ですが、収支合計は2020年に比べて順調に推移しています。
そして勝率に関しても2020年は良くて50%程度でしたが、2021年には平均で60%以上と高くなっているのです。
つい先日に指値の外し忘れというしょうもないミスから、-35万円の損失を出してしまい、とてももったいない事をしてしまったのですが、それがなければ収支はさらに大きくプラスになっていました。
トレードにたらればは御法度なので、これ以上は弁明しませんが大きなマイナスを計上してもこの成績ですので、急激な成長が見てとれると思います。

そして、何よりも勝てる感覚を身につけたことで相場に向き合う気持ちが変わってきています。
具体的には、2020年は負け続きで正直チャートを見るのもしんどかったですが、今では早く寄付きを迎えてくれないかと毎日ワクワクしています。
そして土日に入るとすぐ平日になってほしいと思うほど、トレードへの姿勢が前向きになりました。

さて、ここであなたが気になるのは先ほどにおわせてしまった「あること」だと思いますが、その説明の前に私が取り組んでいる手法について簡単に解説させてください。

・急騰銘柄傍受システム
「上昇銘柄を察知し、その銘柄を買う事で利益を上げる」
一見単純に見えますが、どの銘柄が上がるのかを知るのはとても一筋縄ではいかず、トレーダーにとって永遠の課題だと思います。
急騰銘柄傍受システムはその課題を克服し、上昇する銘柄の特徴を導き出すだけではなく瞬発的に大きな利益を生む可能性を持った手法です。

・マザーズ1%スキャル
株価において上昇するスピードよりも下落するスピードの方が早いと言われています。
そして実は、売りのタイミングには法則がありその超高確タイムを狙うだけでなく
下落タイミングをもピンポイントで狙い撃ちし、高い勝率ながらも利益を狙っていける最強の空売り手法がマザーズ1%スキャルです。

株式トレードとこの上記の手法(急騰銘柄傍受システムとマザーズ1%スキャル)にもっと早く出会っていれば、今頃私の人生は大きく変わっていたと思います。

ちなみにかくいう強吉はこんな人生を送ってきました。
両親が幼い頃に離婚し、親父に引き取られるも親父が躁鬱病になり満足に働けず貧乏な木造の貸家に住んで幼少期を過ごしました。
中学生の頃に、家が火事になり住む場所を失う経験もして、なんとか高校を卒業した後初めて興味を持てた服飾の専門学校に通いその後上京。
紆余曲折があり服飾の世界を諦め、その後映画の影響でマイケル・J・フォックスに憧れハリウッド俳優を目指しましたが、貯めた渡米費用の100万円を持ち逃げされるという悲惨な結末。
その後は様々な職を転々とし、牛乳の営業やパチンコ屋の店員、廃品回収、キャバクラのボーイを経て投資の世界に興味を持つきっかけにもなった超高級サロンの黒服をやりました。

そして2019年に投資家として生きていこうと決意し、川合先生と出会い先ほど説明した2つの手法に取り組んだのですが1年間全く結果が出ずに苦しい日々を送ったのです。

さあ、お待たせしました。
私がなぜ「1年間、全く結果が出なかった」のか。
そして、成績が一気に向上したきっかけにもなった気づきである「あること」をお話ししていきます。

まずはルールについてです。
結果の出なかった2020年は手法の概要だけを真似して、特にトレードルールを定めず損切りのルールも曖昧になり裁量で損切りをおこなうことが多かったです。
そのため損失額も増え、利確もあわよくばを狙いすぎ利幅が取れないなんともチグハグなトレードをやっていました。
2020年の年末にかけて、もう一度トレードルールを見直して、厳格に守ろうという誓いを立てました。
そして、何よりも重要な「ルールを守ることは難しい」ということに気付くことができました。
ルールを守れないから退場するトレーダーが多いのです。

そして、手法を最大限に活かしてくれるツールを2020年から使用していたのですがそのツールのシグナルに対して、闇雲にエントリーをおこなっていました。
野球でいえば全打席フルスイングのホームラン狙いです。
その結果、三振も増え打率も上がらず負け癖がつき、絶好のストライク球を見逃してしまうような状態になっていました。
その点にもメスを入れ、ホームラン狙いから打率重視のヒット狙いにシフトしたのです。
もともと、この手法はヒット狙いからの絶好球をホームランにする手法なので強吉は遠回りして原点に戻った形です。

そして、何よりこの2つの強力な手法を殺していたのは「タイミング」です。
適切なタイミングで手法を使えば勝率8割以上を狙えるのですが、2020年の強吉のようにタイミングを間違うと5割にも満たなくなってしまいます。
その重要なタイミングをはかるのにチェックすべきものが地合いです。

地合いを無視して、闇雲にバットをふっていた強吉。
適切なタイミングでヒットを量産し高打率を出す川合先生。

同じ打者で、同じバットを使っていても考え方や取り組み方を間違えると私のように結果が出るまでに時間がかかるということです。

気づきから振り返ると、結論として「手法とツールと川合先生は凄いが、それを生かすも殺すも自分次第。」ということが分かりました。

株式市場の個人トレーダーは8割が負けていると言われています。
そのため、2020年の強吉と同じように勝てずに悩んでいる人は多いでしょう。
強吉の場合は2つの手法でしたが、どんな株式トレードへの切り口であっても、同様の気付きがなくては稼げるようにはならないと断言します。
極端な話、これに気付かないがない限り、一生、株式トレーダーで稼ぐことはできないと言ってもいいと思います。

さて、ここで提案です。
強吉と一緒に、三振トレーダーから安打製造機トレーダーを目指しませんか。
野球だけでなく、いかに優れた釣り竿があっても、正しい釣り方がわからなければ魚は釣れません。
どんなに切れる包丁があっても、使い方を間違えるとすぐに刃こぼれしダメになってしまいます。
これと同様に、いかに優れた手法があっても、気づきがなければ相場でお金は稼げません。
これは難しい話ではないです。
あなたと私の違いは、知っているかどうか、気付いたかどうか、だけの話です。

手法そのものは機械的なものなので誰でもできます。
ただし誰でもできますが、気付かないと稼げないと思います。

強吉と一緒に気付きを得て、安打製造機トレーダーを目指したい方は、メルマガ登録をして下さい。
メルマガでは、あなたが稼げる安打製造機トレーダーになるための気付きを浴びせまくります。

 【メルマガ登録特典】

強吉メルマガの登録特典として、希望者は下記の特典を得ることができます。

・強吉虎の穴サポート(Chatworkアプリ)
1.「ダイレクトチャット」による個別サポート
(トリプルメソッドメソッドに関する質問に限ります)

【登録フォーム】

 

最後に

結果が出ずに辛い思いを経験したからこそ、気付きを得て成績も向上し株式投資の可能性に触れることができました。
辛い思いをしている人や、これから株式投資に飛び込もうとしているあなたの未来を切り開いていくことで喜びを分かち合うコーチになりたいなという気持ちがあります。
どんな角度から考えても可能性しかない株式投資の世界で、あなたと一緒に存分に稼ぎ倒すことを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました